つれづれ読書日記

日々の読書感想を、読みっぱなしにしないで忘れないうちにメモしておきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サッカレー「虚栄の市(Vanity Fair)」

三宅幾三郎訳/岩波文庫
 レベッカとアミーリアという二人の学友が女学校を卒業して去るところから物語が始まる。アミーリアは、幼なじみで許嫁のジョージをいちずに恋しているが、ジョージはお金持ちの商人の息子であるが、少し軽薄なところがある。ジョージの小学校時代からの親友であるドビンはひそかに親友の許嫁であるアミーリアを恋している。レベッカはいやしい生まれだが、持ち前の才気と美貌で上流社会へのし上がっていく。
 ジョージは遊び回っているお金持ちのぼんぼんであるが、アミーリアの家が破産して没落した時、親友のドビンに説得されてアミーリアと結婚する。アミーリアはただいちずでジョージの俗物根性も見抜けないし、ドビンが密かに自分を慕っていることにも気づかない。ドビンは、風采のあがらないどんくさい大男なのだ。
 社交界を牛耳り、男を振り回すレベッカに、ジョージが逢引きの約束を取り付けようとしているとき、ジョージに召集令状が来る。そして、ジョージは戦争で死に、アミーリアのお腹に男の子が残される。
 4人が主人公であること、ドビンと「戦争と平和」の主人公ピエールの性格の類似、ナポレオン戦争が背景にあることなど、トルストイ「戦争と平和」にシチュエーションが似ている。20年後に書かれた「戦争と平和」は「虚栄の市」の影響を受け、トルストイはこの本を読んでいたと思うのだがどうなのだろう。
 アミーリアはジョージの遺児を育て、ドビンは経済的にも親友の残された母子の面倒を見る。しかし、アミーリアはドビンが以前から自分を慕っていたことを気づいていながら知らない素振り、ドビンの愛を受け入れない。ついに、ドビンはアミーリア母子のもとから去っていく。ドビンの真価に気づいていたのはレベッカで、レベッカは出征の直前にジョージからもらった付け文をアミーリアに見せる。しかし、その前からアミーリアの決意は固まっていたのである。
 ついにドビンが船に乗って帰って来る。ドビンになついていたジョンが双眼鏡の中にドビンを発見して叫ぶ。「わあい、ドップだドップだ」ドビンはアミーリアのもとに帰って来たのである。
 最終章に近いこのシーンでは思わず泣いてしまった。ぜひお薦めしたい名作である。

 私の読んだのは、三宅幾三郎訳(岩波文庫、全6巻、1940年)であるが、現在手に入るのは、中島賢二訳(岩波文庫、全4巻、2004年)である。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/22(火) 17:49:04|
  2. イギリス文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アベ・プレヴォ『マノン・レスコー』(Manon Lescaut)

河盛好蔵訳/岩波文庫

 18世紀のフランスを代表する長編小説。
 17歳の主人公はふとしたきっかけで、修道院に入ろうとするマノンに出会い、駆け落ちする。マノンの主人公への愛はけっして変わらないものでありながら、マノンは豪華な服や装飾品、食事、オペラ鑑賞などがなくては不安で生きていけない人間である。そのため、悪気もなくある金持ちの貴族の妾になる。それは主人公のお金が尽きたせいでもある。
主人公はマノンを妾宅から連れ出し、結果的に二人は詐欺行為をして大金を巻き上げたことになってしまい、牢獄に入れられる。主人公は、親の口利きですぐに釈放される。「悪い女にたぶらかされただけだ」と大人たちは判断するのである。
 彼は監獄からマノンを救い出す。その過程で殺人を犯すが、それもなかったことにしてもみ消されてしまう。主人公の青年は有力者の息子だからである。
 そのような事件が繰り返され、ついにマノンはアメリカ大陸へ流刑になってしまう。主人公はアメリカまでマノンを追っていき、その地で死んだマノンを土に埋める。

 17歳の若さを考えるとこういうこともあるだろうと思える。いや、何歳になっても恋の本質は変わらず、無軌道で見境なくあらゆる困難を乗り越えていくものであるともいえる。社会的にみれば、つまり周囲の分別ある大人たちの目からみれば、悪い女にだまされて夢中になっているだけに見えるかもしれないが、マノンはちっとも悪くないし、主人公への愛も真実のものなのである。騙そうなどとこれっぽっちも思っていない無邪気なものである。ただ、ちょっと贅沢な暮らしをしていないと不安で、お金がなくなることが心配なだけなのだ。
 女性の本質と、究極の愛を描いた傑作小説。
  1. 2008/01/22(火) 16:50:50|
  2. フランス文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘンリー・ジェイムズ「デイジー・ミラー(Daisy Miller)」

西川 正身訳/新潮文庫

 たとえば、衛星中継を通じて、日本とアメリカの若者でリアルタイムの討論会があったとしよう。日本人はおおむねきっちりとイスに座っている。アメリカの若者は、ガムをくちゃくちゃ噛みながら、ジーパンの足を高く組み上げてラフなスタイルで討論にのぞんでいる。こんなシーンがあったとして、アメリカの若者に対して「行儀が悪い、失礼だ」と感じるか、「自由で気楽な感じでいい」と感じるか、あなたはどちらだろう。いずれにしろ、このときアメリカの若者に「悪気」はないのである。文化と歴史の違いであり、行儀作法などをうるさく言わないアメリカ人のとらわれのなさ、無邪気さには良いところもある。
 19世紀の終わりに発表された「デイジー・ミラー」を読んでこんなことを考えさせられた。アメリカ人の大金持ちの二十そこそこの娘デイジー・ミラーは、ヨーロッパに遊びに訪れ「初対面の男に声をかけられて、口をきき」、男友達と街中のあちこちを遊び歩く。それは当時のヨーロッパのアメリカ人の社会で顰蹙を買う。ただ、本人はいたって無邪気で何の悪気もなく、ただ自由に振る舞っているだけなのである。歴史の古いヨーロッパ社会と歴史の浅いアメリカ社会との落差がここにある。
 主人公のアメリカの青年は、若く美しいデイジー・ミラーに惹かれるのだが、イタリアの美貌の青年と遊び歩く彼女に対してやきもきと心配する。しかし、月の光に照らされた夜中のコロッセウムを見に来て熱病にかかり、デイジー・ミラーは死んでしまう。後に謎と神秘と虚無が残される。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/21(月) 13:13:11|
  2. アメリカ文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンスタン「アドルフ(Adolphe)」

Adolphe.gif
大塚幸男訳/岩波文庫

 フランス文学の古典で、心理主義小説の先駆けとし知られている。
 主人公は、あるフランスの貴族を紹介され訪問する。そこで貴族に保護された愛人であるポーランドの亡命貴族の女性を恋するようになる。主人公は女性に思いを寄せ、ついにその愛を獲得する。女性は無一文となって亡命していたところをその貴族に助けられ、保護されていたのである。その恩を忘れ、恩人との間にできた子どもまで捨てて、女は若い主人公にすべてを捧げようと決心し、主人公と暮らし始める。
 その頃から、彼にとってその女性がいろいろな意味で重荷になり始める。しかし、彼は別れを言い出すことができない。
 別れることをすすめる父の友人である地元の有力者に当て、彼はその場の言い逃れにすぎない「別れる決心」の手紙を書く。有力者は前途ある若者を救い出すため、よかれと思ってその手紙を彼女に見せてしまう。女性は打撃を受け病気になって死んでしまう。主人公はすべてを捨てて放浪の旅に出る。
 愛の本質を深くえぐって感動的な作品である。愛は失ったときに初めてその深さ、ありがたさを感じることができるという意味で、幸福と似ている。主人公は、職にも就かず仕事もせず、愛人の元でぶらぶらしていたわけであるが、父の友人の地元の有力者が、父の意を受けて主人公を窮地から救い出そうとおせっかいを焼くわけである。「いい若い者が、愛人のくびきの元でなにもせず無為な生活をしているのはよくない」というのである。
 これほど深く強く愛された男というものは、それで本望でそれ以外何も要らないと思わないのだろうか。それでも男は愛が重荷であり、愛から逃れたいと思うことがあるのだ。人間は愚かで迷うものであり、失って初めて誤りに気づくものである。そこにまた愛の本質がある。
    アドルフ (岩波文庫)   アドルフ (新潮文庫)

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/20(日) 17:07:19|
  2. フランス文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピアス「トムは真夜中の庭で』(Tom's Midnight Garden)」

トムは真夜中の庭で
高杉一郎訳・岩波少年文庫

 主人公トムは弟が「はしか(麻疹)」にかかったため、夏休み中親戚の家に預けられる。そして夜中に家の裏にある庭を冒険する。そのいきさつ、一階のホールにあるいわくありげな大時計、庭の描写など、大変詳しく書かれている。ここの部分で、気の短い読者は飽きてしまうかもしれない。今の児童文学では、すぐに面白い話に入っていかないと、読者はついてこないだろう。描写がこまかく論理的で、非常に詳しいのである。こういう息の長い論理的な文章を追っていくのは西欧人は得意なのだろうか。日本的な省略の仕方、花鳥風月的な余白の文章からかけ離れているので、日本人の体質にあわないのかもしれない。
 しかし、我慢して途中まで読んでいくとすべての細部の構成が生きてくるのがわかる。構成上の論理的な必然があり、細部が丹念にリアリズムで描かれたからこそ、後半が盛り上がるのである。ドラゴンやトロールが出てこなくてもファンタジー小説は書ける。細部がリアリズムで固められたファンタジー小説なのである。
 そして、丹念に最後まで読み通したとき、トムが真夜中の庭で会ったハティとは誰であったのかを読者は忽然と理解する。そして歴史の中で生き、死んでいく人間というものの存在と、そのはるかなる思いに読者は共感し感動するのである。
 私はこの本を最後まで読んで、イギリス戦後児童文学の最高傑作といわれている意味をよく理解した。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/19(土) 12:35:35|
  2. イギリス文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンテ「神曲」

sinkyoku.jpg
寿岳文章訳・集英社文庫

 格調高いイタリア文学の古典。長編叙事詩なので読みにくいのではないかという先入観は読み始めるとともに吹き飛ばされた。遠い西洋の遠い過去の代表的な古典(西暦1300年イタリア)であるのに内容が生々しく感じられるからである。
 主人公ダンテが、暗い森の中で迷い、地獄へ下っていく話なのだが、その地獄が上層から下層まで、きわめて構造的・幾何学的に描かれていて、このあたりは西洋的である。日本の「三途の川」は渡る場所が3カ所あるそうだが、日本の地獄もここまで立体的、精密な構造はしていない。そして、生前犯した罪によって、ことこまかに落ちる場所が決まっていて、責め苦も異なるのである。
 ダンテはフィレンツェにおける党派の政争に破れ、市を追放され、後半生は流浪の中におくったそうだが、政治的、宗教的な争いの中で経験したさまざまな不正義、裏切り、略奪、敵対行為を厳しく糾弾し、同時代の人間が地獄の中で責められる様が描かれている。それは、たとえていうならば、郵政民営化に反対して刺客を送られ、自民党を離党した政治家が、後の放浪生活の中で小説を書き、その中に、責め苦に苦しむ小泉首相や武部幹事長を描いて溜飲を下げているかのような生々しさである。
 同時代の人間だけでなく、過去の歴史上の人物も次々と裁かれる。ギリシャやローマの歴史上の人物、キリスト教世界の作品から多くが引用されているのだが、まあ、日本に移すと織田信長がその残虐・虐殺・皆殺しの罪で裁かれ、明智光秀が主君への裏切りで裁かれ、陸軍大将松井石根が南京大虐殺を断罪され、トルーマンが原爆投下を糾弾され、平家がその驕慢さゆえに滅びたことを哀れまれているようなものである。
 イタリア文学最大の古典といわれる作品もその成立の裏には生々しい作者の感情的裏付けがあり、その内容は、同時代の人にとっては親しみ易いものであったと想像できる。文学作品の創造の瞬間には人間的な業火が燃え盛っている。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/18(金) 17:48:12|
  2. イタリア文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラディゲ「ドルジェル伯の舞踏会」

dorgel.jpg
ラディゲ/生島遼一訳、新潮文庫

 この本を読み始めて、何か前に読んだような気がして思い当たるものがあった。しかし、同じ著者の小説「肉体の悪魔」(魔に憑かれて)の文章と似たところがあるための錯覚だろうと思った。3頁4頁と読み進めるにしたがって、さすがに前に読んだことがあるのを思い出した。調べてみると、8カ月前に読んでいた。
 読み進めると、今回も心理的表現の面白さに夢中になって感心して読まされた。著者の才能がガラス細工のような表現になって結晶した、すぐれた心理小説だと思う。なぜ自分で読んだことを忘れていたかと思い返すと、「肉体の悪魔」の方が印象が強く、「ドルジェル伯」は読んでいるときには感心して夢中になるが、あとで残るものが弱いということなのだと思う。1年以上前に読んだ「肉体の悪魔」の方が力強い作品で印象が長く残るのである。
 ラディゲが目指した心理小説の傑作『クレーヴの奥方』には及ばないが、著者の年齢を考えれば(20歳で夭折、死後刊行される)だれしも目を見張らざるを得ないものがある。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/17(木) 16:09:50|
  2. フランス文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「クレーヴの奥方」

ラファイエット夫人/青柳瑞穂訳、新潮文庫

 フランス心理小説の古典。17世紀に出版された。16世紀から17世紀にかけたフランス・ヨーロッパの宮廷を背景に語られる恋愛小説。美男美女ばかりが出てきて、中でもヒロインは絶世の美女ときているので、おとぎ話めいてくるが、ストーリーは緻密で歴史的背景を厳密におさえている。
 長編だが、一気に面白く読め、少しも無駄がない。自然描写もほとんどなく、宮廷周辺の、だれがだれを好きで、どうなったという恋愛関係、人間関係をめんめんとつづっているだけの小説ともいえるが、それでいてまったく読者を飽きさせない。著者は、自分の興味関心のあることだけを徹底的に磨ききって完成させたような傑作小説である。
 物語の背景を訳者の注釈で読むと、当時のフランスやイギリスの王様は、人の奥さんをとったり、殺したり、閉じこめたりと、悪いことばかりしているがちっとも責任を問われないというすごい世界だったことがわかる。これが史実なのだ。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/16(水) 16:39:28|
  2. フランス文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アミーチス「クオレ」

クオレ

E・デ・アミーチス/和田忠彦訳、新潮文庫
 小学生のときに読んで以来久しぶりに読んだ。「機関車」や「フィレンツェの小さな代書屋」などいくつかのエピソードを読んで、かつての強烈な印象、心に残っていたシーンがよみがえってきて、やはり涙を誘われる。
 登場する子どもの善悪がはっきりしすぎていて、リアルでないところもあるが、他人を思いやる心の大切さ、博愛、自己犠牲のこころの大切さを訴えている。軍国主義的、愛国主義的な主張が強いところは、19世紀後半のイタリアの歴史的な事情、スペインやオーストリアの支配を打ち破って祖国の独立と統一をはたして間もないという国の事情、作者アミーチス自身が独立戦争に参加していることなど歴史的社会的な背景を考えると納得できる。
 そんな軍国主義的なところ、お説教臭いところがあるにもかかわらず、子どもの学校生活が生き生きと描かれていて、今日読んでもその文学的な価値は失われていない。この本を読めば、だれでも、忘れていた小学生時代の心の震えや新鮮な驚きの感情を思い出すと思う。今日なお名作として読み継がれていくべき本であると感じた。

 かつて読んだのは講談社版「少年少女世界文学全集」のイタリア篇で、今回読んだのは新潮文庫完訳版である。講談社版はまだ実家にあるので構成を調べてみると、子ども向けに半分以上縮めている。削除したのは戦争シーンや、大人や作者のお説教が直接現れているところで、矢崎源九郎による翻訳・編集は今日の目で見ても良質なものだと思う。
 和田忠彦訳によるこの新潮文庫版は絶版で、「平凡社ライブラリー」で再刊されている。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/15(火) 18:30:36|
  2. イタリア文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタンダール「パルムの僧院」

parumu.jpg
スタンダール/大岡昇平訳
 一気呵成に書かれた傑作。19世紀の前半に今日的な意味での小説の原型は完成されていたことがわかる。現代の大衆小説、風俗小説は、筋の変化、題材の目新しさを追いながら、同一の内容を多少のあやをつけながら繰り返しているにすぎない。
 それではもう古い小説は読む必要がないかというとそうでもない。この小説が面白い理由を考えてみると、波瀾万丈の筋はもちろんだが、細部の描写が生き生きとしていることも大きな魅力になっている。スタンダールは自分の大好きなことを、思う存分描いた。スタンダールは、イタリアが大好きだった。恋愛でもイタリア人女性を追い求め、一生涯独身だった。ナポレオンの大ファンであり、若いころナポレオン戦争に参加してイタリアへ遠征した。仕事もイタリアに駐在した領事だった。フランス人でありながら大のイタリアびいきであったのである。
 生涯かけて愛したイタリアを舞台に、渾身の力をこめて自分の大好きなことを小説に書いた。面白くないわけがない。イタリア人がこんなに情熱的で、イタリア女性がかくも美しく献身的であるのを読むと、トリノで行われた冬季オリンピックを見る目も変わってくるというものである。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/14(月) 17:15:00|
  2. フランス文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

microd

Author:microd
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。