FC2ブログ

つれづれ読書日記

日々の読書感想を、読みっぱなしにしないで忘れないうちにメモしておきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モリのアサガオ 1巻

いま、「モリのアサガオ」というマンガを読み始めているが大変な話だ。

新人研修が終わって、拘置所の死刑囚の舎房に配属された主人公はお祝いに配給された大福を配るのだが、7人もの女性を殺した凶悪犯に食べさせるのはおかしいと義憤にかられて自分で食べてしまう。それを見てその死刑囚は泣きだす。大福が大好きだったからだ。

翌朝、その死刑囚は死刑を執行されてしまう。それを知って主人公は大きなショックを受ける。第1話はそんな内容だ。

国家による合法的な殺人が死刑執行であるわけだが、このマンガを読むまでは、ふだんあまり深く考えることもなかったことを深刻に考えさせられた。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/02/03(日) 16:00:12|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カロッサ「ルーマニア日記」 | ホーム | サッカレー「虚栄の市(Vanity Fair)」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokushoblog.blog28.fc2.com/tb.php/13-8dadacff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

microd

Author:microd
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。